ラグビー

タグラグビー競技規則[JRFU日本ラグビーフットボール協会]

タグラグビーとは

アメリカンフットボールを基に考案されたフラッグフットボールのラグビー版と言えます。

タグラグビーでは、タックルの代わりに相手選手の腰に付けたタグを取ることで、相手の前進を止めることができます。タグを取られたらその場(3歩以内)で止まりパスをしなければなりません。

タグを取った選手も取られた選手も一旦プレーを止め、タグを取った選手はタグを相手に返してから、取られた選手はタグを再び腰に付けてからプレーに戻ります。その間も他の選手はプレーを続けています。

身体接触や転倒等の危険なプレーが排除された安全なラグビーです。その他のルールもわかりやすく簡略化され、現在では小学校の体育授業で教えられるボールゲームの1つとなっています。

タグラグビーの公式ルール/競技規則

タグラグビーの公式ルールは、日本ラグビーフットボール協会(JRFU)が制定しています。

協会のルールのページでは、最新の競技規則をPDF形式でダウンロードすることができます。

JRFU日本ラグビーフットボール協会

タグラグビーオフィシャルウェブサイトにも競技規則が掲載されています。PDF形式でのダウンロード・印刷も可能です。

タグラグビーオフィシャルウェブサイト
ページ移動

タグラグビーのルールブック/関連書籍

久保 修平/池田書店
発売日2020年12月22日
公式ルールブックをベースに、試合の流れに沿って分かりやすく解説!観戦にも役立つ!複雑そうに見えるラグビーのルールを、3つのカテゴリー「試合進行」「アタック側」「ディフェンス側」に分けスッキリ解説!プレー初心者、観戦者、また審判をする方のためのルールブック。

目次の開閉

PART1 ラグビーとはどんなスポーツ?/PART2 試合進行に関するルール/PART3 アタック側チームに関するルー/PART4 ディフェンス側チームに関するルール/PART5 年代別のラグビールール
財団法人日本ラグビーフットボール協会 普及育成委員会・鈴木 秀人/小学館
公認発売日2009年10月20日
平成20年6月改訂の小学校学習指導要領解説に、新たな運動種目として「タグラグビー」が採録されました。タグラグビーはタックルやスクラムなどの接触プレーがないため安全で、小さな子どもや女性でも楽しめるスポーツとして注目されています。

目次の開閉

1 注目されているタグラグビー/2 体育の授業でおこなう運動としての「タグラグビー」/3 タグラグビーのルール/4 タグラグビーの授業づくり/5 タグラグビーの大会へ挑戦

タグラグビーのルールに関する動画


公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会  タグラグビーのルール

タグラグビーの国際・国内競技連盟/統括団体

Japan Rugby Football Union/JRFU



-ラグビー

© 2022 RULEBOOK GUIDE