スポーツの競技規則・公式ルール集

KISOKU 2020

サーフィン・ボディボード

サーフィン競技規則[NSA日本サーフィン連盟]

サーフィンの競技規則

サーフィンの公式ルールは、国際サーフィン連盟(ISA)・ワールドサーフリーグ(WSL)のルールを基準にして、日本サーフィン連盟(NSA)が制定しています。

ジャッジ基準・採点・集計方法・インターフェアレンスの判定は、国際基準に沿ってISA・WSL・JPSA・JPBA・NSAのどの大会でも統一ルールでジャッジングされています。

連盟のトップページの[資格]のタブから[ジャッジ]を選択、下へスクロールして[競技ルール(ジャッジテキスト)]の見出しのところで、PDF形式のジャッジテキスト(競技規程等を含む)がダウンロードできます。

NSA日本サーフィン連盟

サーフィン初心者へ向けてのルールとマナーの冊子「SURFER’S RULE & MANNER」はこちらで公開されています。

NSA日本サーフィン連盟

サーフィンの練習メニュー・トレーニング用DVD動画

ASPアジアチャンピオン・現役プロサーファー小川直久 監修
サーフィン上達プログラム
陸上での練習、海でのパドリングからテイクオフまで、一連の重要ポイントを網羅した「初心者レベルを簡単に脱出できる方法」が学べます。

トレーニング・練習メニュー

■波を追って横にパドリングしたとき岸に方向をうまく変えることができない解消法とは?
■通常のパドルとテイクオフする時のパドルの違いとは?
■波のトップに上がってリッピングをしようとすると後ろにコケてしまう人の解消法とは?
■横からきれいに崩れる波ではなく、一気に崩れてくる波でも斜めにテイクオフできる方法とは?
■テイクオフしてボトムターンする時に、フロントだと斜めに走ってしまうのを改善する方法とは?
■ステップバックしたいのにスタンスが狭いままライディングしてしまう人が広くする方法とは?
■波の状態によって選ぶサーフボードとは?
■初心者がサーフィンをしやすいポイントの選び方とは?
■パドリングの時の体の位置について?
■沖に出るまでに体力を消耗しない方法とは?
■パドリングの時の手のひらの形と肘の使い方とは?
■パドルの時の足を乗せる正しい位置とは?
■ドルフィンスルーをマスターする方法とは?
■力に頼らないパドルのコツとは?
■楽に波まちができる方法とは?
■乗りやすい波を見つける方法とは?
■テイクオフの時の手と足のつく位置とは?
■パドリングの入水に関して抵抗のない指の使い方とは?
■ボードの上に乗ってからの正しい姿勢とは?
■テイクオフしてからの正しい姿勢を覚えます。
■絶好のポジションを取るためのパドルスピードアップのスキルとは?
■パドリングの時、初心者は板の上で足はどうするのがいいか?
■ボードの上にうまく乗るトレーニングとは?
■ぶれないテイクオフのトレーニング方法とは?
■初心者に最適なボードへの手の置き方とは?
■突然サーフボートから落ちてしまうことの解消方法とは?
■カットバックの体の使い方とは?
■自宅でも1人でできる練習法とは?
■一人でコソ練に燃えたい人には?
■習いすぎて混乱している人の共通点とは?
【公式】サーフィン上達プログラム

サーフィン関連グッズ

サーフィン関連グッズ週間ランキング〈楽天市場〉

サーフィンの統括団体/関連団体

International Surfing Association/ISA
Nippon Surfing Association/NSA

この規則が採用される日本の主な大会

  • 全日本サーフィン選手権大会(NSA)
  • 全日本級別サーフィン選手権大会(NSA)
  • ジュニアサーフィン選手権大会(NSA)
  • マスターズサーフィン選手権大会(NSA)
  • ALL JAPAN SURFING GRAND CHAMPION GAMES(NSA)
  • Copyright© KISOKU 2020 , 2020 All Rights Reserved.