スポーツの競技規則・公式ルール集

KISOKU 2020

馬術

障害馬術規程[JEF日本馬術連盟]

障害馬術の規程

障害馬術の公式ルールは、国際馬術連盟(FEI)が制定し、日本馬術連盟(JEF)が翻訳しています。

最新のルール(日本語対訳版)は、連盟の公式ホームページ、規程集のページからダウンロードできます。

JEF日本馬術連盟

障害馬術とは

競技場に設置された13~15個の障害物を、指定された順番通りに飛び越しゴールを目指します。

競技は「標準競技」と「スピード&ハンディネス」の2つに分けられます。

「標準競技」は障害物を落下させると減点4、障害物の前で馬が止まってしまう(反抗)は1回目は減点4、2回目は「失権」となります。規定時間があり、時間内にゴールし減点が少ない人馬が上位となります。

「スピード&ハンディネス」は障害物を落下させた時の減点を走行タイムに換算します。障害物の落下1回毎に4秒加算されます。障害物を落とさないようにゆっくり走リ過ぎると、障害物を落下させながらも早くゴールした人馬に負ける事もあります。

障害馬術のルールブック/関連書籍

JEF日本馬術連盟

馬術関連グッズ

馬術関連グッズ週間ランキング〈楽天市場〉

障害馬術の統括団体/関連団体

Fédération équestre internationale/FEI
Japan Equestrian Federation/JEF/日馬連

Copyright© KISOKU 2020 , 2020 All Rights Reserved.