スポーツの競技規則・公式ルール集

KISOKU 2020

5人制サッカー

ブラインドサッカー競技規則[JBFA日本ブラインドサッカー協会]

ブラインドサッカーの競技規則

ブラインドサッカーの公式ルールは、視覚障害者の国際スポーツ組織である国際視覚障害者スポーツ連盟(IBSA)が制定し、日本ブラインドサッカー協会(JBFA)が翻訳しています。

翻訳されたルールブックは協会のWebサイトからPDF形式で入手可能です。

JBFA日本ブラインドサッカー協会
IBSA国際視覚障害者スポーツ連盟

ブラインドサッカーとは

ブラインドサッカーは障害の程度によってクラス分けされ、それぞれ呼称や一部のルールが違います。「B1クラス」と呼ばれ、ゴールキーパー以外は全盲の選手がプレーする「ブラインドサッカー」、「B2/B3クラス」と呼ばれ、弱視の選手がプレーする「ロービジョンフットサル」に分けられます。

ブラインドサッカーのルールはフットサルのルールが基になっており、B1クラスでは「音の出るボールの使用」や「ガイド(声でゴールの場所を教える役割の人)の設置」、「ボイと発声(衝突を避けるため)」など、独特なルールがあります。

ブラインドサッカーは英語表記で「5 a side football」、パラリンピックでの競技名は「Football 5-a-side」とされていて、和訳では「5人制サッカー」と呼ばれています。

「BLIND SOCCER ブラインドサッカー」、「ブラサカ」という呼称は登録商標であり、日本ブラインドサッカー協会のブランディング活動で使用されています。

ブラインドサッカーのルールブック/関連書籍

わかる! 応援できる!
パラスポーツ事典 パラリンピック夏の22競技
陸上競技、水泳、車いすバスケ、ボッチャなど22競技をわかりやすくナビゲート。試合の流れ、得点や反則などのルールを知りたい!車いすのつくりが競技ごとに違うって本当?選手のハンデをどんな工夫で補っているの?パラスポーツを写真とイラストで徹底解説。2019年11月21日発売。

目次の開閉

1 これだけは知っておきたい!パラリンピックの基礎知識(パラリンピックの基礎知識/パラリンピックの歴史/パラリンピックがもたらすもの ほか)/2 パラリンピック22競技大紹介(アーチェリー/陸上競技/バドミントン/ボッチャ/カヌー/自転車競技 ほか)/3 インクルーシブな社会に向けて

ブラインドサッカーの統括団体/関連団体

International Blind Sports Federation/IBSA
Japanese Para-Sports Association/JPSA
Japan Blind Football Association/JBFA

Copyright© KISOKU 2020 , 2020 All Rights Reserved.